ザルツブルクのおすすめ宿と観光地! 映画「サウンドオブミュージック」のロケ地巡りも楽しめます

2017.12.26 (火)

一番人気の観光地はミラベル宮殿。
宿泊先のマンションは、ミラベル宮殿に隣接し、とても快適でした。
さらに、表通りのバス発着所(公共バス、観光バス)まで徒歩3分程。どこへ行くにも便利でした。

 

ベッドルーム二つに、リビング、キッチン付で、4名で利用。1室1泊、約9千円。洗濯機など必要なものは全て揃っています。
窓を開けると通りを挟んだ「サンクト・アンドレー教会」が見え、土曜日には広場でマーケットが立ちました。商店街も近くにあり便利です。

 

マンション名「Cozy 3-Room Apartment – Perfect Location !」~Airbnbで検索して下さい。
マンションのウエッブサイトは、 https://www.airbnb.jp/rooms/16936955

 

おすすめ観光地は、ミラベル宮殿、ヘルブルン宮殿、とホーエンザルツブルク城塞です。

1.ミラベル宮殿&庭園
・入園無料で、6時頃から日暮れまで開いています。
・ミラベル庭園は、整った花壇の花々や、バラ園、噴水など散策や休息にも最適です。
特に、映画「サウンドオブミュージック」に登場した「ペガサスの泉」が有名で、皆さん、写真を撮っています。
ホーエンザルツブルク城塞(歴代大司教の堅固な城塞)が映る写真スポットも表示されています。

 

 

2. ヘルブルン宮殿&庭園
・水の楽園と呼ばれる庭園内には、無数の水の仕掛けがあり、訪れる人たちを楽しませてくれます。
・料金は€10.5(約1,400円)です。
・ガイドと一緒にグループで庭園内を回り規則です。私たちは、中高生の団体と一緒で
したので、皆おおはしゃぎでした。
どこから、水が噴き出してくるか分からないので、着衣か濡れてしまいます。

 

・庭園のガイド説明が終わったら、庭園内を散策しましょう。
映画「サウンドオブミュージック」に登場した「ガラスの家」(Sound of Music
Pavillion)があります。
・ヘルブルン宮殿へは、ミラベル宮殿前の通りから、観光バスが出ています。

 

3. ホーエンザルツブルク城塞
・大司教は塩の貿易で莫大な富を築き、その権勢を今に伝えるのが、ホーエンザルツブ
ルク城塞です。11世紀に当時の大司教が、対立していた神聖ローマ帝国との戦いに
備えて築城しました。堅牢な石の壁に守られた城は、塩の備蓄と地下水により長期の
籠城が可能でした。
・城塞からの眺望が素晴らしく、ザルツブルク市街が一望できます。

 

 

★ サウンドオブミュージックのロケ地巡りツアーは次の観光バスでどうぞ。

観光バスの発着所は、上記と同じです(表通り。ミラベル庭園の前)

グレイライン・ザルツブルク・サイトシーイング

又はパノラマツアー

 

 

ザルツブルクは、ウイーンから鉄道で、約2時間20分です。日帰りも可能です。
ミュンヘンからは鉄道で約1時間半です。

 

 

ザルツブルクの名前の由来は、「塩(ザルツ)の城(ブルク)」で、岩塩鉱の塩で繁栄を続けてきた歴史のある街です年。

音楽の都としても知られ、ザルツブルク音楽祭が有名で、モーツアルトや指揮者カラヤンが生まれた街です。

モーツアルトの生家や、父、妻、姉の墓もありますよ。

 

 

カフェ会・交流会に興味のある方は、以下のご案内をクリックして下さい。

「暮らすような旅」カフェ会
2月16日&18日開催

 

 

・宿泊先リビング

 

 

 

・宿泊先ベッドルーム

 

 

 

ミラベル庭園、奥に見えるのはホーエンザルツブルク城塞

 

 

 

・ミラベル庭園、ペガサスの泉

 

 

 

・サウンドオブミュージック、ペガサスの泉でのシーン

 

 

 

・ヘルブルン宮殿、水の仕掛け

 

 

 

・ヘルブルン宮殿、ガラスの家(サウンドオブミュージックの舞台)

 

 

・ホーエンザルツブルク城塞から見るザルツブルク市街

 

 

 

暮らすような旅に興味がある方は、以下をご覧ください。

 

暮らすように旅する
民泊で海外旅行を楽しむ

 

「暮らすような旅」欧州2018年5~7月旅プラン

 

サポート充実・安心・快適 ルックJTBパックツアーのご案内

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ザルツブルクのおすすめ宿と観光地! 映画「サウンドオブミュージック」のロケ地巡りも楽しめます

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1805-0224

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP